In 東方神起- JYJ・東方神起 and eternity. ~とこ?わんてばく~
5名の東方神起からはじまり、現在は5名様それぞれを愛するGREEN&YELLOW&BLUE大笑い3人グループでお送ります!愛だけで彼ら全員を見守ります!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジェジュンコン上海歌最高だったねぇ~~

ジェジュンの上海コンはたぬきで生中継でききましたよ~~

最近、このたぬき放送が定着してきましたけど、ほんとはダメなんだとおもいつつ
聞いてしまいます・・・すまぬ・・

それにしてもツイの写真と音源きいてるとほんと楽しめるね。
ジェジュンかっこよすぎだし・・・
LIVEやばい・・・たぶんJYJコンではソロ2曲ぐらいしかやらないだろうから
ほんとにソロコンいきたい・・こんだけの歌ききたい・・

あ~~~ってまたモンモンとしましたよ~~~
じぇじゅシャンハイ746180300
じぇじゅシャンハイ
じぇじゅシャンハイ746180716
じぇじゅシャンハイ746181614
じぇじゅシャンハイ746180668
じぇじゅシャンハイ746180430
じぇじゅシャンハイ746180370
じぇじゅシャンハイ746180329


YOUTUBEであがりだしてますし、写真も半端ない枚数でてますねぇ~~ほんとすごいわ。
Myherojaejoongloveサマ・記載されているところから。












記事)
今年でデビュー10年を迎えるJYJのジェジュンが、「一番恐ろしいのは時間」と打ち明け、注目を集めた。時間の流れに関係のない、‘若い’JYJを見せたいとの願望も語った。

ジェジュンは16日、中国・上海のマリアットホテルで開催されたアジアツアーの記者会見に出席し、デビュー10年目を迎えた感想を打ち明けた。

東方神起のメンバーとしてデビューし、今年で芸能界デビュー10年を迎えたジェジュンは、「あまり長かった気がしない。振り返ってみると本当に沢山のことがあって、色々なことをしてきた」と、これまでを振り返った。

ジェジュンは、「まだ気持ちが20代前半のようだ。やりたいことも、目標も、成し遂げたいことも沢山ある」とし、「時代も変わった。僕たちは大衆を楽しませ満足させなければならないが、僕たちを相手にする大衆も段々年をとってゆく。僕たちの天敵である時間に勝ち抜くしかない。時間が無力になるように若く、よい姿をお見せしたい」と語った。

ジェジュンは、「中国でプロモーションすると、中国進出について尋ね、タイではタイでの長期活動計画について聞いてみる。現地活動を行ってみたいと思う。日本の問題も解決したのでもっと沢山の活動をお見せしたい。韓国でも更に様々な分野に挑戦し、地位を確かなものにしてゆきたい。一つ一つ充実させてゆくことが沢山あるが、問題は時間だ」とグループの挑戦意思を伝えた。

ジェジュンは10年を振り返って、最も幸せな時間にJYJメンバーの友情を再確認した時だと答えた。

ジェジュンは、「嬉しかった瞬間が沢山ある。一番最初に思い出すのは、去年メンバーの大切さに気付いた時のことだ。個人活動に重点を置いてJYJのスケジュールがある日を除いては会える時間が少なくなっていると、会った時にぎこちなさがあった。3人全員が同時に‘(メンバーが)いなきゃダメだ’と思った。今はお互いに連絡ができなくてやきもきする。大切さに気付いて幸せだった。これを忘れていた時が最も大変だったように思う」と語った。

歌手と俳優、公演の演出など多方面で活躍しているジェジュンは、自身のロールモデルに歌手のイ・スンファンを選び、公演に対する意欲を示した。

ジェジュンは、「イ・スンファン先輩の、これまでの活動についても尊敬しているが、公演が本当に素晴らしい。最長時間公演を行われたが、観客の方が飽きることなく本当に楽しんでいたそうだ。僕も活発に動いて、観客を満足させることが好きだ。観客のために公演をするアーティストになりたい」と語った。

数多くの後輩アーティストが目標としているアーティストでもあるジェジュンは、「後輩には‘歳をとってもカッコいい’と言ってほしい。‘昔は凄かった先輩’または‘カッコよかった先輩’と言ってほしくはない。ずっと一生懸命活動しなければと思う」

一方、17日に中国・上海のShanghai Gymnasiumで開催されたジェジュンの公演は、5千人以上の観客を動員し、大盛況の中幕を下ろした。ジェジュンは24日の香港公演、4月6日の中国・南京、4月13日の台湾公演などでアジアツアーを続ける予定だ。

ジェジュンは、「今回のツアーは、ファンミューティングと公演が混ざっている。ステージで僕の話をお聞かせする時間、ファンとのコミュニケーションの時間、僕の音楽を紹介できる時間を同時に設けられるイベントを企画したかった。うまくコミュニケーションできるか心配していたが、いざやってみると反応も温かく、良かった」と語った。

ジェジュンは、JYJのメンバーではなくソロアーティストとしてツアーを行う感想も語った。「メンバーがいなくて寂しい」としながらも、「一人なのでより一層徹底して公演の準備を行わなければならない」と語った。

ジェジュンは、「一人でいることの利点はないように思う。寂しい」とし、「ジュンスがワールドツアーを行っていた時、南米公演を終えた後に僕と韓国で会うなり‘寂しくて死にそうだった’と言った。ひとりでツアーをするのは、新鮮な感じもするのではないかと思っていたが、やはり寂しさしかなかった」と語った。

続けて、「JYJのメンバーもまた、ミュージカルなど新しい分野に挑戦しているが、一人でちゃんと勝ち抜かなければと思う。寂しさにさえ打ち勝たなければと思う。でも一人でアルバム活動を行うのは初めてで慣れないので、寂しいことは寂しい」と付け加えた。

ジェジュンは、ソロ公演とJYJとしての公演との違いを尋ねられると、「3人で公演を行っていると、沢山のファンにメンバーを均等に近くでお見せするために移動が凄く多い。一人の時は移動が少ない。大変な点があるとしたら、一人で歌い続けなければならないという点だ。僕が作った歌は音域が高いので、一人でこなすのは大変だ」と語った。

また、「一人でいる時は凄く注目される。まばたきや咳など、観客に見せないようにするために気を遣う。メンバーがいれば少しの間ステージの裏に行けるのだが、そうできないので徹頭徹尾でのぞんでいる」と明かした。

ジェジュンに先立ち、ジュンスはワールドツアーを行い成功をおさめた。ジェジュンはジュンスに対して競争意識は無いか?との質問に、「全くない」と答えた。

ジェジュンは、「ジュンスに勝たなければとは思わない」とし、「僕がやっているステージと、ジュンスのステージは全然違う。僕がやっている公演は短いコンサートとファンとのコミュニケーションの場なので(ジュンスの公演とは)違う。苦労して行っているというより、愛されて各地を巡るという雰囲気が濃い。ソロフルアルバムを出して、ジュンスがワールドツアーを行った感じがわかったような気がした」と語った
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック




プロフィール

とこ?

Author:とこ?
永遠に一緒にいたい人は?
「東方神起!」といえる仲良し大笑いグループです。5人全員大好き!ここからはじまりました・・・

そして、今はユノとチャンミンの2人の東方神起!
ジェジュン・ユチョン・ジュンスのJYJ!!

どちらのグループも大好きです!もちろん、5人の東方神起も大好きです!!

ってことで・・・3TOP!!ってことで(笑)

個人個人を愛しすぎてて、みんな愛しまくってる欲張りなわんてばく3人で~す。
あえて誰が注目株?とすると・・
MICKYユチョンを愛するGreen
XIAHジュンスを愛するBlue
U-KNOWユノKING&チャンミン王子&ジェジュンを愛するYellow

彼らといっしょに楽しく、
BLOGっちゃいます!
わんてばく3人の書いた文章の転載とかはやめてください~(たいしたものではないですけども・・WW)

気軽にコメント書いてください☆
BLOG友達になりましょう~~


自動WEBサイト翻訳(多言語)


最近の記事+コメント


カテゴリー


㌧友全員で?


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。